商品一覧

取扱No. 25
作品名 芙蓉寒菊衛之図
作者 森 寛斎
時代 (1813~1896) 明治274年81歳没
内寸法 135×55
総寸法 225×58
詳細 絹本二重箱 奥谷秋石箱書
概要

森 寛斎(もり かんさい) 1813~1894 明治27年81歳没  円山派

森 尚太郎 別号は桃渓、晩山、字を子容 長州藩士石田伝内道政の三男で22歳の時、大阪に出て森 徹山の門に入り、のち養子となった。京都画学校教授 明治23年(1890)帝室技芸員を拝命した。
子がなく門人の雄山を養嗣子とす近代 円山派の大家で門人に野村文擧・山元春挙らがいる。。

状態

絹本二重箱 軸先象牙 金襴表具 大幅 奥谷秋石の鑑定
保存状態も良好 寛斎の得意画とする花鳥画で秋の風情を感じさせる妙品です。

状態 美品
箱有
価格