商品一覧

取扱No. 72
作品名 月見之画
作者 鈴木其一
時代 (1795~1858) 安政5年 63歳没
内寸法 83.5×26
総寸法 162×31
詳細 絹本 酒井胞一門下の秀才
概要

詳細

鈴木其一 (すずききいち) 1795~1858 
鈴木元長 字は子淵 通称は為三郎 別号は 青々 必庵 祝淋斎 庭柏子とあり 父某江戸の人 紫染を創め家産大に富む、其一幼より畫を好み酒井抱一の門に学びてよく其の法を得 人物・
花鳥花弁・鳥・獣とも妙なり抱一門の巨聲と称せらる。
抱一の家臣で同門の鈴木藤之進の養子となり鈴木の姓を名乗った。また俳諧にも長じた。
安政5年9月10日(1858) 行年63歳 浅草松葉町正法寺

状態

絹本  軸先象牙 本画 良好

状態 美品
箱有
価格