トップ アイコントップページヘもどる

古美術太湖

N-29-01 塩川文麟 淀の図 

 時代 (1807〜1877) 明治10年 70歳没
 内寸法 109×42.5
 総寸法 192×55.5
 詳細  絹本 円山派 岡本豊彦門
別号 雲章 字は子温

詳細

塩川文麟 (いおかわぶんりん  1807〜1877)
字は子温 別号を雲章 大仏道人 可竹斎 答斎
京都の人で四条派の岡本豊彦の高弟 後に南画や洋画の手法をとり入れて一家をなした。
常に酒を愛し酔中で揮亳した作品が多い。
近代京都画壇の祖 明治10年没 行年70歳

状態

絹本 軸先象牙 金襴表装 良好 


お問合せは  0749-27-3553 古美術太湖