トップ アイコントップページヘもどる

古美術太湖

N-05-01 野口幽谷 春雉図 

 時代 (1824〜1898) 明治31年74歳没
 内寸法  139×57
 総寸法 234×73
 詳細  絹本二重箱・松林桂月箱書
野口幽谷(のぐちゆうこく) 1825〜1898 明治31年6月26日歿す 行年72歳

別号 和楽堂 名は続 江戸の画家で15歳の時大工職人の父を失い母と共に清貧にたえて天職を画筆に求め椿 椿山の門に入りついに近代南画の大家となった。
明治26年9月29日には帝室技芸員を拝命す
松林桂月・益頭峻南・松林雪貞などは彼の門下

状態

絹本二重箱・軸先象牙・大幅
本画の状態は良好 表装は上仕立てです。

お問合せは  
0749-27-3553 古美術太湖