トップ アイコントップページヘもどる

詳細

内海吉堂 (うつみきつどう) 1849〜1925
嘉永2年12月3日京都(越前国敦賀とも)に生れる
名は鹿六、森寛斎 塩川文麟に師事して円山派を学ぶが明治初年中国を訪れ帰国後南画の道に進む

大正14年10月9日 京都で歿す 享年75歳

状態
絹本  軸先紫檀 良好

お問合せ 
0749−27−3553 古美術太湖

古美術太湖

N-73-02 内海吉堂 梅花書屋図 

 時代 (1852〜1925) 大正14年 73歳没
 内寸法 123×50
 総寸法 188×64
 詳細  絹本共箱 越前の人
師・塩川文琳