トップ アイコントップページヘもどる

古美術太湖

N-35-02 佐竹永海 人物画 

 時代 (1803〜1874) 明治7年 72歳没
 内寸法 121×44.5
 総寸法 205×57.5
 詳細  絹本 会津の人 
彦根藩御用絵師
詳細

佐竹衛司(通称) 奥州会津の人 江戸に出て谷文晁の門に学び山水花鳥をよくし自ら一家の風をなす
名・字は周村 愛雪 篤敬 通称衛司 号は初め盤玉のちに衛階 永海とした他に雪梅 天水翁 九成堂
幽室子 愛雪楼などの多くの号をもつ
彦根藩御用絵師として井伊直弼に仕え後に法眼に叙せられる
極彩にて素晴らしい書き込みです この作品は年号により永海の49歳の作と見られる

状態

絹本 軸先象牙 表装抜群にて本画は経年により日焼けが見られるが時代感じる良好

お問合せは  
0749-27-3553 古美術太湖