古美術太湖

N-108-01 菅 楯彦 帰国文酒 

 時代 (1878〜1963) 昭和38年 85歳没
 内寸法 47×67.5
 総寸法 148×84
 詳細  絹本共箱 二重箱
詳細
菅 楯彦 [すがたてひこ」 (1878〜1963)
明治11年3月4日鳥取県に生れる
本名は藤太郎 初め盛虎のち静湖と号す。父は日本画菅盛南 幼いころ大阪に移住 22年父の病気の為高等小学校を中途退学して画家で一家を支える 以後師につくことなく独学によって絵画を研究その道の専門家について有識故実など素養を深めることになる。楯彦と雅号を改めた33年から37年まで大阪陸軍幼年学校の歴史科画亊に嘱託となり歴史参考図の制作に携わる歴史画や大阪の風物を描いた作品を数多く手がけた。  昭和38年9月4日大阪で歿 享年85歳

状態
絹本二重箱 軸先象牙 良好

お問合せ
 0749−27−3553 古美術太湖

トップ アイコントップページヘもどる