トップ アイコントップページヘもどる

古美術太湖

N-11-01 渡辺小華 秋汀双雁図 

 時代 (1834〜1887) 明治20年53歳没
 内寸法  147×64
 総寸法 218×81
 詳細  絹本・渡辺崋山の二男

渡辺 小華 (わたなべしょうか) 1834〜1887 明治20年53歳没

渡辺 諧 字は韶卿 通称舜次 旧三河国田原藩士で崋山の二男 画法を父並に椿 椿山、福田半香に学んで山水花鳥をよくす。後に東京に移住

状態

絹本大幅 軸先象牙 保存状態は良好
岩陰に粟の穂が風になびき、その下に蓼の花が咲き、風を避けて雌雄の鴨が寄り添う姿は微笑ましくも思える

お問合せは  
0749-27-3553 古美術太湖